08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 01月09日 13:26 (木)

パソコン本体の内部について、要項ごとにまとめてみました。


「CPU」について


・機能…『単純な計算』(作業)を繰り返すものであり、処理を億から兆単位の速さで行うマシンである。

(※単純な計算とは、例えばマス目に入った数を計算し、別のマスに入れたりすることを繰り返すこと。
このことを『抽象イメージ』においてはアラン・チューリングが発明した「チューリング・マシン」と呼ばれている。)

(※抽象イメージとは、モノとして存在するものではなく、思考法のことを指す。)



・CPU本体の構造…裏面に中心の周りに張り巡らされた金の粒のようなもの一つ一つにデータやメモリが対応している。
         その金の粒は通常のPCには約128存在しており、数が多ければ多いほど処理能力が上がる。
         中心部には10億個のトランジスタがあり、回路は複数構造に4なっている。


・CPUが出来るまで…1.まず設計図をガラスに縮小印刷する。
              2.設計図の通りに実物をケイ素の結晶の表面に感光印刷する。
              3.ケイ素にエッジングを行い、金属を蒸発させて塗り重ねていく。
              4.その工程を繰り返し、最後に実際に使用が可能かPCに組み込み、チェックする。


補足:ちなみにこのCPUの回路設計を完全に把握しているのはPCのみであり、設計図を全て把握している人間は存在しない。CPUの回路設計図の特許は『IntelectualProperty』と名付けられている。

「主記憶」について

・機能…データのメモリ(RAM)のことを指す。CPUとデータのやりとりが高速で出来る。
・構造…1つのメモリには10億個のコンデンサが存在している。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。